• ホーム
  • エボラ出血熱とインフルエンザにタミフルで治療

エボラ出血熱とインフルエンザにタミフルで治療

2019年07月28日
薬を飲んでいる女性

タミフルはインフルエンザの治療薬として知名度の高い薬です。
このインフルエンザの治療法で使用される薬品は、体内でのウイルスの増殖を制御する効果があり、治療法として服用するだけではなく、インフルエンザの予防対策としても有効であることが知られています。
インフルエンザの治療法として用いられる医薬品には複数の種類があります。
その中でも作用機序が異なる医薬品が、エボラ出血熱などに有効である事が確認され始めました。
それゆえに、タミフルにも同等の効果が期待出来るのではないかと推測された方もいらっしゃいましたが、タミフルはインフルエンザのウイルスに対して有効な医薬品で、エボラ出血熱には効果がない事が明らかになっているのが現状です。
タミフルには基本とされる使用法があります。
とりわけ重要なのが、インフルエンザのウイルスに感染した後のタイムリミットです。
通常は、時間的な猶予は二日以内とされており、この期間にタミフルを服用する事ができれば、体内でのウイルスの増殖を飛躍的に押さえ込む事が可能です。
しかし、インフルエンザの細菌に感染し、一定の期間が経過してしまうと、ウイルスの制御が困難になるほど増殖してしまうために、タミフルは早期の服用が不可欠です。
インフルエンザの治療薬やエボラ出血熱で使用された医薬品は、抗ウイルス効果のある薬の服用が頻繁で、継続して服用したりする事で耐性がついてしまい、実際にウイルスに感染した場合に上手く効果が発揮できないケースも見られます。
そのため、これらの治療薬は、予め使用が制限されていたり、適切な服用基準が定められていたりなどしているために、しっかりとしたルールを守り服用しなければならない医薬品です。

関連記事
インフルエンザ治療にタミフルと空気清浄機の併用

インフルエンザに効果を発揮する薬には、幾つかの種類があります。これまでは選択肢の狭さゆえに、タミフルのみが処方される事が多くありましたが、現在は経口薬のタミフルだけではなく、薬品を直接吸入するタイプのものなども登場してきています。このタイプの薬品は正しい吸入方法を医師が指導する事で、小児における効果...

2019年08月23日
インフルにタミフルでの治療と登校基準の指導

日本では寒さが厳しいために空気の乾燥が激しくなります。空気が乾燥すると湿度が50パーセント以下になりインフルエンザウイルスが空気中で非常に活発に活動するようになります。また人間の鼻や口の粘膜も非常に乾燥するためにインフルエンザウイルスも人体に侵入しやすくなります。インフルエンザウイルスは人体に侵入す...

2019年09月09日
タミフルと他の薬は併用可能なのか

タミフルはインフルエンザ発症から48時間以内に服用することでウイルスの増殖を阻害し、症状を和らげて回復を促す効果があります。日本国内では特に多く使用されている薬となっていますから過去に服用したことがあるという人も多いのですが、薬を飲む時には必ず「飲み合わせ」を考えなくてはなりません。例えば血圧下降作...

2019年07月12日
タミフルでインフルエンザを治療する期間

日本では11月から2月にかけてインフルエンザの大流行をみることができます。インフルエンザは40度近くの高熱に見舞われ、関節痛、嘔吐、下痢、咳、鼻水といった症状が辛く、重篤化することで様々な疾患に陥ることもあります。特に高齢者や子供など免疫力や抵抗力の弱い人がインフルエンザに感染すると、肺炎や脳症を併...

2019年07月01日