• ホーム
  • タミフルでインフルエンザを治療する期間

タミフルでインフルエンザを治療する期間

2019年07月01日
薬を飲む女性

日本では11月から2月にかけてインフルエンザの大流行をみることができます。
インフルエンザは40度近くの高熱に見舞われ、関節痛、嘔吐、下痢、咳、鼻水といった症状が辛く、重篤化することで様々な疾患に陥ることもあります。
特に高齢者や子供など免疫力や抵抗力の弱い人がインフルエンザに感染すると、肺炎や脳症を併発することがあり非常に危険です。
生活がままならなくなり、登校や出勤ができなくなるほどです。
高熱が出た場合は風邪ではなく、先ずインフルエンザを疑ってみて早急に医療機関を受診することが大事です。
病院では鼻の粘膜を採取し、検査にかけます。
陽性と出ればインフルエンザの専門治療薬であるタミフルを処方され治療することになります。
タミフルを飲めばすぐに熱が下がり、重篤な下痢や嘔吐も緩和されるようになります。
しかし症状が緩和されたからと言って、タミフルをすぐにやめてはいけません。
タミフルは医師の処方した期間きちんと飲む必要があります。
医師の多くは5日以上タミフルを処方します。
インフルエンザとは肺でウイルスが増殖することによって熱などの様々な症状があらわれます。
そのためタミフルは肺でのウイルスの増殖を抑止する薬でもあります。
ウイルスが完全に増殖せず、体内から全て排出されるには5日以上に日数が必要であるといわれています。
そのたタミフルは最低でも5日飲み続ける必要があります。
しかしこの薬を十代の人が服用することで稀に奇行や幻覚など異常行動が見られることがあります。
異常行動によって窓から飛び降りて命を落とす人もいます。
そのため十代の青少年が服用する際は、常に親の監視下のもとで服用するように気をつけなければいけません。

関連記事
インフルエンザの流行期間にタミフルと加湿空気清浄機

インフルエンザという流行性の感染症を防ぐには、幾つかの対策法を学んでおく事が大切です。この対策法の中でも大きな効果が期待できるものに、加湿空気清浄機の使用があります。ウイルスの感染が拡大する傾向がある期間は、湿度が低い状態が継続する事が特徴で、ウイルスが飛散しやすい状態がつくられることが理由とされま...

2019年11月02日
インフルエンザ治療にタミフルと空気清浄機の併用

インフルエンザに効果を発揮する薬には、幾つかの種類があります。これまでは選択肢の狭さゆえに、タミフルのみが処方される事が多くありましたが、現在は経口薬のタミフルだけではなく、薬品を直接吸入するタイプのものなども登場してきています。このタイプの薬品は正しい吸入方法を医師が指導する事で、小児における効果...

2019年08月23日
タミフルで多発性硬化症やインフルエンザ感染経路対策

インフルエンザと多発性硬化症の関連については、以前から注目されています。インフルエンザに感染してしまうと、多発性硬化症の症状が悪化したり、再発させるリスクがあるというデータもあるのです。それだけに、インフルエンザの感染経路対策を十分に行って、インフルエンザウイルスへの感染や多発性硬化症の発症を抑える...

2019年10月06日
インフルにタミフルでの治療と登校基準の指導

日本では寒さが厳しいために空気の乾燥が激しくなります。空気が乾燥すると湿度が50パーセント以下になりインフルエンザウイルスが空気中で非常に活発に活動するようになります。また人間の鼻や口の粘膜も非常に乾燥するためにインフルエンザウイルスも人体に侵入しやすくなります。インフルエンザウイルスは人体に侵入す...

2019年09月09日
エボラ出血熱とインフルエンザにタミフルで治療

タミフルはインフルエンザの治療薬として知名度の高い薬です。このインフルエンザの治療法で使用される薬品は、体内でのウイルスの増殖を制御する効果があり、治療法として服用するだけではなく、インフルエンザの予防対策としても有効であることが知られています。インフルエンザの治療法として用いられる医薬品には複数の...

2019年07月28日
タミフルと他の薬は併用可能なのか

タミフルはインフルエンザ発症から48時間以内に服用することでウイルスの増殖を阻害し、症状を和らげて回復を促す効果があります。日本国内では特に多く使用されている薬となっていますから過去に服用したことがあるという人も多いのですが、薬を飲む時には必ず「飲み合わせ」を考えなくてはなりません。例えば血圧下降作...

2019年07月12日